使う予定のない骨董品は骨董品買取業者に売ろう

骨董品買取の流れや査定の種類を確認しよう

骨董品買取してもらう

引っ越しなどをする際に出てくる壷など、使えないだろうと処分してしまうにはとてももったいないです。もしかしたら高く売れる骨董品である可能性もあります。自分では価値が分からなくても骨董品に詳しい買取業者の査定員なら正しい価値を見極めてくれます。ですが壷などの壊れやすいものを運び出すのは大変です。なので、ここからは出張買取の流れを解説していきます。

楽して売れる出張買取の流れ

利用する業者を選ぶ

骨董品などの買取を行なっている業者はたくさんあるので、その中から自分が利用する業者を選びます。なるべく自分の家から近い業者を選ぶことで、交通費などを請求されることなく利用することが出来るでしょう。広島県には出張買取可能な業者があるので、広島に住んでいる方は利用できます。

申し込み

利用する業者が決まったら、次は申し込みを行ないますが、webサイトなどの応募フォームから申し込みする方法と直接電話して申し込む2種類の方法があります。応募フォームからだと空いた時間に数分で送ることが出来るので楽です。申し込みを行う時に訪問する日付を決めるので前もって予定を空けておくようにしましょう。

査定員が到着

お客さんが指定した日付に査定員が来ます。混んでいなければ、時間帯も指定することが可能です。基本的にはトラックで向かうので、申込時に依頼していなかった骨董品などを追加で査定を依頼しても、引き受けてもらえます。なので申し込みをしている間に出て来た骨董品なども査定をお願いしましょう。

査定開始

到着して何も無ければお客さんに査定をしていいか確認して、すぐに開始されます。ひとつの商品にかかる時間は長くても5分程度で短くて2分程度です。商品の状態や、価値を見極めていきます。これまで数多くの商品を査定してきた熟練の査定員が丁寧に行ないます。全ての査定が終了すると査定額が提示されます。

買取終了

提示された査定額に納得出来たら売却しますが、中古品を買取する時は売買の証明書を記入する必要があります。とても簡単な書類なので、数分で記入することが可能です。記入が完了したらその場で買取金額の現金支払いが行われます。出張買取は基本的に即現金支払いとなっています。

使う予定のない骨董品は骨董品買取業者に売ろう

骨董品

いらないと思ったら売ろう

引っ越しの際などに使わない物を持って行くと、その分だけ運賃がかかります。また正しい保管状態でなければ商品価値が下がるような劣化をする恐れがあります。また、最悪の場合誤って壊してしまう場合もあります。なので今後も使用する機会がないであろうものは引っ越しを期に売却してしまいましょう。出張買取サービスなどを利用して、買取金額に満足いかない場合は、買取を拒否することも出来るので、試しに利用するといいでしょう。

その他の買取方法

出張買取は全ての買取業者が行なっているわけではありません。他にも、宅配便で業者へ査定してもらいたい商品を送り、買取価格に満足したらそのまま買取する、という流れの宅配買取などもあります。業者の人と顔を合わせたくない方へおすすめの買取方法です。店頭買取はほとんどの業者が行なっている持ち込みで買取をしてもらう方法です。自分に合った買取方法を利用しましょう。

広告募集中